© 2018 by Wonderhoop inc. 

A.D.NÉEL STORY

KURUMU

粘土を使って遊んで欲しい!

粘土科学研究所所長の手塚たいらさん。

産湯からモンモリロナイトを使っています。

私と「モンモリロナイト」との出会い。というより生まれたときからそばにあった。

それが「モンモリロナイト」です。

小さいときからしょっちゅう、

お風呂場に置いてあるビニール袋に入ったモンモリロナイトの洗顔料で体を洗っていました。

シャンプーや石鹸などは、ドラッグストアで買った記憶はほとんどありません。〜

〜モンモリロナイトはこんなに面白い!

日々モンモリロナイトを触りながら勉強しているうちに、モンモリロナイトのちからの面白さ、

不思議さにどんどん引き込まれています。

このモンモリロナイトのユニークなちからをみなさんにも知ってもらいたい、体験してもらいたい。

そう思って「KURUMU」を作り、日々モンモリロナイトの新たなちからを探求し続けています。〜

「粘土科学研究所」公式HPより引用
 

手塚さんが手がけている「KURUMU」。
粘土の中でも特に粒子が細かく稀少な「モンモリロナイト」を使った、スキンケアのブランド。

「モンモリロナイト」は不思議な粘土だ。
あのクレオパトラが化粧品として使っていたという伝承もある「モンモリロナイト」。
実は、「モンモリロナイト」にはスゴイチカラがあるらしい。
汚れを落としたり、お肌にうるおいを届けたり、優しく包んで、乾燥から守ったり。

「粘土科学研究所」が使うのは、日本の粘土。

粘土はもともと火山灰。

火山列島である日本は、実は粘土だらけだ。

日本各地それぞれの山の石の状態によって、成分が異なる。


手塚さんのお祖父さんの代から研究してきた「粘土」。
生まれた時から、粘土はとっても身近にあって、親しんできた手塚さん。

子どもの頃、ニキビができたら、粘土を使ったりと、まさに粘土と一緒に育ってきた。

​「粘土の力を信じて欲しい」それが手塚さんの想い。

都立高校時代に音楽を始めた手塚さん。
実は、25歳くらいまでは、年間約100本のライブを行うミュージシャンだった。

 

今、手塚さんはミュージシャンだった才能を活かして、「歯磨きラップ」を作っている。

 

🎵モンモリロナイトで歯を磨こう!
地球の恵みで、歯を磨こう!
食べられるし、体にいいんだぜ!

 

■モンモリロナイトと銀と水の歯みがきのうた

粘土は面白い!

 

粘土と遊ぶこと。それは楽しい!!

 

暮らしに、社会に、不思議な粘土「モンモリロナイト」の力を!!!


 

【KURUMU】公式HP
http://kurumu.net/

 

【粘土科学研究所】公式HP
http://montmorillonite.jp/